« 6月のソウル | トップページ | ミュージカル『ペテン師と詐欺師』 »

2006年10月12日 (木)

【飯田橋】  めん房

某有名弁護士さんの推薦店だそうです。
場所的にも金額的にもカジュアルなお店のようなので、過度の期待は寄せず、気楽に望む。しかし、さすが人気店らしく、平日というのに予約でいっぱい。これは、期待していいかも!?

案内された席には既に、先附・前菜の用意が。これが、嬉しい。最早空腹限界点だったので。「丹波黒豆の枝豆」「いくらしょうゆ漬け」「栗、ぎんなん、かぼちゃ・・・・等等」
小さめの生ビールでこれらを片付け、さあいよいよ本番のお料理です。

本日のスープ。フルーツトマトの冷やし煮・合鴨・アスパラ仕立て。ん〜、はじめてのテイストだが、美味〜。鴨はあくまで柔らかく、スープはあっさりすっきり。次いで、こだわりのお造り。平目にしまあじ、関鯖、松坂牛・・・という豪華版。(あのう、いいんですか、あの料金でこの内容物。赤字では?) そして、強肴(メイン?)、魅惑の松坂ビーフシチュー。お店の人の勧めで、ご飯を少しいただき、そのままとご飯にかけたのと、両方楽しむ。ビーフシチューは自分の得意料理でもあり、自信もあるので、殆どお店で食べることはないのだが、これは美味しい!! 負けた!!
そしてそして、なんと嬉しいことに、この日の止椀は、なんと「松茸土瓶蒸し」だった!! (食べたかったのよ、とっても!!まさかコースに入ってるなんて夢にも思いませんでした) ああ〜、至福。
で、シメの稲庭うどん。おかわり自由とのことだったが、残念ながらお腹いっぱいで一杯がやっと。悔し〜い。次は絶対、三杯はいくぞ〜〜〜!!

というわけで、デザートの「栗の渋皮煮」にいたるまで、大満足の一夜でした。
なんといっても、これだけの内容物で、「え? 本当にいいの?」ってくらいのお値段。高いばっかりでちっとも美味しくない高級レストランの料理に飽き飽きしたという方は、是非一度お試しあれ。Photo_3
Photo_4
Jpg

飯田橋駅 徒歩2分
旬菜料理 「めん房」  千代田区富士見2-6-10三共富士見ビル1F   03-3234-1929

« 6月のソウル | トップページ | ミュージカル『ペテン師と詐欺師』 »

コメント

先生 こんばんわ

ほんと、美味しそうですね!

写真お上手ですね。 私なんか撮っても、全然美味しそうに見えません。 やっぱりセンス。

今度ここ試してみます。

初めまして。独孤剣を
見てから、Fanになった
shibaharaです。

内容も面白く、いつも楽しみしています。

応援していますので、これからもがんばってくださいね。

ところで、藤 水名子さん、噂話って好きですか。

「私の地元 柴原町。」

URL:http://yaplog.jp/sibahara/

涼子さん、shibaharaさん、
 コメント、ありがとうございます。
shibaharaさんのブログ、あとでゆっくり拝見させていただきますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163837/3780890

この記事へのトラックバック一覧です: 【飯田橋】  めん房:

« 6月のソウル | トップページ | ミュージカル『ペテン師と詐欺師』 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ