« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月22日 (水)

ちょこ重

ちょこっと重版の略です。(いま作った言葉です。別に業界用語に非ず)
「異色中国短篇傑作大全」(講談社文庫)が、15刷だそうで。
ちなみに初版は、2001年。親本の初版が、1997年9月。なかなかのロングセラーです。
来年も頑張ってね。Ishoku1

2006年11月13日 (月)

本当に大切なものは、目には見えない

その言葉を耳にした途端、まるで、瓶の底に大切にとっておいた、あの光り輝くコンペイ糖の甘さにも似た懐かしさが胸にこみ上げた。随分遠くまで来たつもりでいても、サイコロ一つふればいつでもふりだしに戻ってしまう。そんな有無を言わさぬ力を、子供のころに親しんだ物語というものは具えている。
「星の王子さま」をはじめて読んだのは、おそらく、まだランドセルを背負っていたころだろうと思う。(何故なら、生意気なませガキだった私は、中学入学以降は、絵のついた本を一切読まなくなるのだ)
当然のこと、物語の形骸をそのまま理解するだけで、象徴的な登場人物、わかり易く説かれる言葉の裏側にこめられた深い寓意など、知り得ようはずもない。 その後、作者のサン=テグジュペリという人物について多少知る機会を持ち、そしてそのまま、物語に対する興味は失われていった。歴史小説に描かれる凛冽なリアリティを愛していた当時の私が、美しく描かれた物語の中の寓意に興味を持てなかったのは当然だろう。

舞台がはじまってしばらくは、なんともいえないくすぐったさに包まれた。
しかし、歌には不思議な効果があって、口に出すのが多少恥ずかしい言葉でも、歌としてなら心地よく聞くことができる。文字で読んだときには哲学的すぎた言葉も、音楽とともに耳に入り込んでくればすんなり受け入れることができる。文字で読んだときには誤解していた言葉も、歌で聞けば何十年も馴染んだもののように思えてきたりする。幼いころに一度読んだきりで、とっくに忘れてしまったはずの物語のあの場面この場面が、まるでつい昨日読んだばかりのようにすら錯覚させられてしまった。私は、エンターテイメントとは、どんな形のものであれ、観客(読者)を、決して悲しがらせたり絶望させたりするものではないと信じている。そこに、希望や歓びをどれほど見出せるのかは、各々個人差があるとしても。

折角の機会だったのに、娘に観せてやれなかったのが残念。
しかし、原作を知っていて観るのと、まるきりなんの予備知識もなしに観るのと、どちらがより楽しめるか?
もうすっかり忘れているかと思ったが、案外覚えていたので自分でも驚いた。子供の頃のことって、本当によく覚えているものらしい。

音楽座ミュージカル「リトルプリンス」
http://www.ongakuza-musical.com/sakuhin/sakuhin_lp_nittei.php

※東京公演は19日まで!!

2006年11月12日 (日)

お詫びと訂正

先日紹介しました曙橋のイタリアンのお店ですが、「クチーナダアマノ」ではなく、「CUCINA AMANO」でした。場所も全然違ってるし。

正確には、ここです。
くっちーなあまの CUCINA AMANO
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/25111.html
新宿区富久町8-27 ニューライフ新宿東ビル1F
03-3355-0044
最寄駅は、都営線の「曙橋」or 丸ノ内線「四谷三丁目」ですね。

しかし、間違えるかなぁ、普通。
2回も行ってるくせに、気がつかないというのが、なんとも・・・。
大変失礼いたしました。

2006年11月 4日 (土)

インカの肉じゃが

友人から、「インカのめざめ」という品種のジャガイモをいただいた。ご存知の方もいらっしゃるだろうが、近所のスーパーなどで時折目にするものは、卵のS玉よりもやや小さめくらいの小イモが殆どだったが、これは大きい。普通のジャガイモとさほど変わらない。この方の友人に、このイモの研究をしている方がいて、遂に品種改良に成功したのだとか。う〜ん、そんなに奥が深かったのか、「インカのめざめ」。栗のようなサツマイモのような風味をもつ「インカのめざめ」。ジャガイモ大好き我が家の定番料理は数多いが、どうしてくれようか。Inka

まずは、オーソドックスにポテトフライと肉じゃがに。
ポテトフライは、塩をふるので、従来の甘みがよりひきたつ。美味。
肉じゃがのほうは、だし汁の味があまり強くしみ込みすぎると、イモ本来の旨味を殺してしまうように思われ、レンジでチンしてから、他の具材がほぼ煮上がったところへ入れ、ひと煮立ち。あとは冷めるあいだに味がしみるのを待つだけ。大正解だった。茹でて塩やバターをつけて食べるだけで充分美味しいイモには、醤油の味をあまりしみさせず、軽く風味をつけるくらいで充分。他の具材がよく煮しめられているため、淡い味付けが余計にひき立つ。明日はコロッケにしてみようかな。
※すぐに芽がでできちゃって、あんまりもたないそうなので、購入したら、少なくとも三日以内に食べきりましょう!!

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ