« 作家と遊ぼう! ミステリーカレッジ | トップページ | 解禁!! »

2007年11月15日 (木)

覇王別姫

54714_239

『覇王別姫』が舞台化され、主演(程蝶衣役)はなんと、少年隊の東山紀之だそうな。
彼の端正な容貌は嫌いじゃないし、役者としての資質も相当なものだと思うので、かつてレスリーの演じた役をどう演じてくれるか、これは楽しみだ。しかも、演出は蜷川幸雄。相手役は遠憲だ。絶対に見ない手はない。が、果たしてチケットとれるだろうか。いまから心配だ。苦労して先行予約しても、カス席だったりしたらいやだし・・・・。コクーンと梅田芸術劇場なら、もしかしたら、「あの」ツテが使えるか? それとなく、いまから探りを入れておくか。

今季はじめて、「肉まん」をふかして食べる。鍋料理に次いで、冬の到来をしみじみと感じさせてくれる食べ物だ。そして、ヤマザキの中華まんは相変わらず美味しい(まさか、偽装肉使ってないよね?)。子供のころは肉まんの中身がなんなのかわからず、見た目は不気味だし、どうしても食べられず、あんまんばかり食べていた。いまは「ピザまん」とか「カレーまん」とか「フカヒレまん」とかいろいろあるが、「あんまん」だけは、食べられない。「あんまん」の中身はたぶん他のどのお菓子に使われている「あん」よりも甘いと思う。

冬の到来を感じたので、夕食も、今季初の鍋物にしてみた。記念すべき今季第一回鍋は、家族ども(とりわけ娘)に豊富な野菜を与える目的で、「ほうとう」風すいとん鍋。すいとんは、もとより戦中派の老母のリクエスト。冷蔵庫に貯蔵されてる常備野菜と98円セールでゲットした新鮮野菜を一斉消費だ。にんじん・大根・牛蒡・白菜・里芋・カボチャ・ネギにしめじ・・・・そして少量の豚肉と鶏肉団子。野菜の旨味と鶏団子の組み合わせ、これは最強だ。超絶美味だった。これまで、娘を野菜嫌いにさせないために、注意深く調理したものを与えてきたが、白菜を、はっきり原形をとどめた形で与えたのはたぶん今日がはじめて。意外や、娘は白菜好きだった。これは末頼もしい。それに、季節柄、これから白菜はどんどん美味しくなるしね。

« 作家と遊ぼう! ミステリーカレッジ | トップページ | 解禁!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163837/8924688

この記事へのトラックバック一覧です: 覇王別姫:

« 作家と遊ぼう! ミステリーカレッジ | トップページ | 解禁!! »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ