« 寒い一日 | トップページ | ラテンの貴公子・Rayito »

2007年11月29日 (木)

「アンティーク」と「男」

阿部寛が出演するドラマの再放送を続けてやってるので、なんとなく見てしまう。
娘が『アンティーク』をみて、「うちが小さい頃にやってたドラマだね」と。そうか、もう5〜6年経つんだ。しかし、娘はまだ3つぐらいだったのに、よく覚えていたな。更には、「イケメンばっかりのケーキ屋さんなのに、一人だけ・・・・」とも。訊かなくてもわかるよ。その、一人だけというのは、椎名桔平のことだね。そりゃ、小学生にとってはただのオッサンにしか見えないのだろうが、ママは同い年だし、昔、真っ裸でラーメン食べたり、煙草のCM(フィリップモリスだったかな?)でやたらとシブがってたころから結構好きだったよ。『結婚できない男は』最近見たばかりのドラマなので、細部までよく覚えていること。主人公の設計事務所に置かれている人形のことまで覚えている。これだけ記憶力いいんだから、ママと同じで暗記は得意だろうに、何故その能力が勉強には発揮されないのだろう。やれやれ。

« 寒い一日 | トップページ | ラテンの貴公子・Rayito »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163837/9162219

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンティーク」と「男」:

« 寒い一日 | トップページ | ラテンの貴公子・Rayito »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ