« 情熱は再び・・・・ | トップページ | 「アンティーク」と「男」 »

2007年11月28日 (水)

寒い一日

午前11時自然起床。もう少し寝ていたかったが、いろいろ用事もあるし、レッスンない日の昼間の時間は貴重なので、そのまま起きることに。しかし、寒い。曇っているので仕方ないが、いつもは暖かなリビングまでが異様に寒い。こんな日の朝食は、カップヌードルに限る。ああ、温かい。

出せるかどうか自信はないが、一応年賀状、いつもどおり、インクジェット用を購入した。今年から、写真専用というのも発売されていたが、通常のインクジェットより10円高かったので、やめておく。娘はバレエやめちゃったし、私のフラメンコ写真もそろそろマンネリ気味だし、写真をどうするか悩むところだが、まあ毎年出してるものを理由もなくやめるわけにもいかないので。以前、面倒臭いというだけの理由で試しにやめてみたら、年に一度、年賀状だけのつきあいの友人からわざわざ電話をもらったことがあった。「どうしたのかと思って、心配しちゃった」と。確かに、年に一度のご挨拶が前触れもなく途絶えたら、死んじゃったかと思って心配する人もいるだろう。
但し、今年は予算削減の折から、枚数を大幅に減らすことにしたので、日頃親しくおつきあいさせていただいている方、ブログをしょっちゅう見て下さっているような方々へのご挨拶は、webとeメールでご容赦ください。

昨夜久々に、トマトピューレと生トマトから本格的ミネストローネを作ったのだが、殆ど水を使わず、野菜の水分だけで煮たため、スープというよりトマトの煮物という感じに。が、トマトジュースで作るときより、ずっと濃くて美味しい。その残り物にルーを入れ、今日はカレーに生まれ変わらせようかと思っていたのだが、今夜のメインは太刀魚の塩焼きを予定していたので、カレーでは味が濃過ぎてちょっと合わない。そこで、むきエビと挽肉を追加し、フライパンで加熱して水分をとばし、更に水溶き片栗粉を加えて春巻のあんに。イタリアン春巻だ。いい考えだったが、まだ水分が多かったのか、皮の折り目部分が破れ、あんが洩れてしまった。従って、味は完璧なのに見場があまり宜しくなく、写真撮影を断念。皮が破れないようなにか工夫を考えてから、再挑戦だ。上手くできたら、立派な残り物料理として料理ブログのほうに載せよう。(でも、次回本格ミネストローネ作るのはいつになるかわかんないけどね) イタリアン春巻はご飯のおかずというよりスナック的な仕上がりだったので、夕餉の菜には数えないことにした。夕餉は、太刀魚、甘くない出汁巻き玉子、小松菜の煮浸しにワカメの味噌汁という純和定食に。たまにはこういうヘルシー夕食もよいだろう。娘も意外に堪能していた。昨夜は石焼きビビンバもどきとミネストローネとたらこイモソテーという無国籍料理店風のメニュー。明日はホタテ青梗菜炒めをはじめ、下町中華食堂の料理を予定している。日常の食生活にもそれなりの変化は必要だ。給食に負けていられない。

« 情熱は再び・・・・ | トップページ | 「アンティーク」と「男」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163837/9147278

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い一日:

« 情熱は再び・・・・ | トップページ | 「アンティーク」と「男」 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ