« 初悪夢とバーゲン | トップページ | しぐれ舟 »

2008年1月 6日 (日)

のだめ、とか・・・etc.

「のだめカンタービレ」ヨーロッパ篇第二夜。
娘も見たがるし、「鹿鳴館」は録画して、こっちをリアルで見た。本放送のときからちょっと時間が経ってるし(そういう場合、スペシャル版は作り過ぎて面白くなくなることも多いのだが)、相変わらず、理屈抜きに楽しいドラマだ。のだめはあくまでのだめであり、千秋先輩はとことん千秋先輩なので、もうそれだけで笑えてしまうのだった。実は、本放送のときは途中まで故意に見ておらず(原作読んでなかったし、なんか中途半端におちゃらけてそうなところがいやだったので)、たまたま間違って見た回が滅茶苦茶面白かったので、それ以後真面目に見はじめたのだが物語は既に終盤近く。先日の一挙再放送で、やっと前半を見た。いや、それ以前に深夜のアニメでだいたいの雰囲気は摑んでいたのだが・・・・多くのドラマファンが言っていたとおり、確かに、ドラマのキャストは、原作以上によくハマっている。
そして、劇中ふんだんに盛り込まれているクラシック音楽の美しいこと。こんな機会でもないと、なかなかクラシックに触れることのない俗人にとっては、それだけで嬉しい。娘も、いろいろ質問しながら、珍しく一生懸命見ていた(これを機に、「またピアノやりたい」とか言ってくれないかな)。ストーリー自体についてあれこれ言うのは、このドラマに限っては野暮というものなので、あえてふれない。それにしても・・・・「変態の森へようこそ」(爆)。最高だ。ブラボー!!

そのあとやってた、「今夜渋谷で6時(だったかな?)」という新人シナリオライターのドラマもなかなか。バカバカしさの予定調和は、この時間帯、この尺だからこそ許される。見終わったとき、視聴者に不快感を与えていなければ、単発のスペシャルドラマとしては大成功と言えるだろう。こんなドラマをみるとつい、私も、いつか書こうと温めてるネタ、いっそシナリオにしてみようかなぁ、などと不遜な考えをいだいてしまう。

そして、「SP」。
堤真一って、ほんっとに、ステキだな。まさしく、制服の似合う男・ナンバーワンだ。海軍将校のときの真っ白い軍服はとりわけステキだった。鈴木オートのお父さん役も悪くないけど、この人にはやっぱり、スーツか制服を着用して欲しい。そしてできるならば、彼が朝起きて、ベッドを出てからスーツを着るまでの一部始終をビデオにおさめて繰り返し見ていたい(変態の森か?)。彼のセクシーさに比べたら、サラリーマン金太郎改め、特命係長只野仁のあからさま過ぎるフェロモンなんざ、問題ではないのよね。

で、この時間まで「SP」を見てしまったので、「鹿鳴館」は明日見よう、っと。
正和さまの影山伯爵、のだめの合間にチラ見した限りでも、意外にハマってたようなので楽しみだ。

« 初悪夢とバーゲン | トップページ | しぐれ舟 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163837/9739538

この記事へのトラックバック一覧です: のだめ、とか・・・etc.:

« 初悪夢とバーゲン | トップページ | しぐれ舟 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ