« 咲いた ! | トップページ | 永谷園 »

2008年2月28日 (木)

一瞬の風になれ

正直言って、半分小馬鹿にしていた。
いまどきこんな真っ正直な高校生、どこにいるんだよ、と。私の時代のスポ根などにはよくあったが、現代の若者たちが、いくらジャニーズにいちゃん主演とはいえ、こんなストレートすぎる青春ドラマで満足するわけがないだろう、とも。台詞はクサいし、人物も紋切り型だし・・・・でも、なんなんだろう、このくすぐったくも懐かしい感触は。そうだ。タイプは違っても、登場人物が全員善人、正真正銘心の拗けた、邪悪な人間が1人として登場しない。だから、見ていて心地よい。みんながみんな、それぞれにひたむきで、形は違えど、人に対する思いやりの気持ちも備えている。はっきり言って、古くさい。
昔々のその昔のドラマは、だいたいそんな感じだった。作り事、絵空事と言えばそれまでだが、例えば凶悪な殺人を犯してしまう犯人ですら、やむにやまれぬ事情があってしたことで、本当は悪人ではない、というケースが屢々見られた。大映ドラマの敵役だって、案外根はいいヤツだったりした。そういうドラマを見て育ったため、昨今の、根っから邪悪な人間がわんさか登場して、主人公を傷つけるようなドラマは苦手だし、見ていてなんとも居心地が悪い。如何にストーリー展開が面白かったとしても。

久々に心地よいドラマに出会った。
その心地よさが癖になったらしく、三夜目まで、なんの疑いもなく見てしまった。明日が最終話。生憎外出予定なので、予約録画しておこう。

« 咲いた ! | トップページ | 永谷園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163837/10804959

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の風になれ:

« 咲いた ! | トップページ | 永谷園 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ