« ざっくりエアチェック | トップページ | 犬の日 »

2008年5月20日 (火)

ファンタジック時代小説

Kyoho
時代小説の短編が書きたくて書きたくて仕方ないのに、雑誌の依頼がこない限り、折角書いても発表できる場所がない。そんなふうに思っている同業先輩・友人は少なくないはずだ、と思い、数年前、時代小説のアンソロジー作りに熱中した。編集者になったつもりで原稿をお願いにゆくのが楽しくて仕方なかった。そうしていただいた原稿は、いまでも私の宝物だ。薄井ゆうじさんは元々時代小説を専門に書かれる方ではなかったが、特にお願いして、半ば強引な形で執筆していただいた。この方の描かれる不思議な作品世界が江戸時代に移行していったらどうなるのか、とても興味があったのだ。アンソロジーのシリーズが漠然と終了するまでにいただいた御作三篇に、書き下ろし四篇を加えて、このような素晴らしい作品集が完成した。望外のよろこびである。

「享保のロンリー・エレファント」(岩波書店刊)、絶賛発売中。
私も、楽しみに読ませていただきます。

« ざっくりエアチェック | トップページ | 犬の日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163837/21045695

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタジック時代小説:

« ざっくりエアチェック | トップページ | 犬の日 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ