« 苦手な季節 | トップページ | 発表会、近づく »

2008年6月15日 (日)

「俺に会いたきゃ、映画館に来な」

328680view001
328680view004
老母と娘が初日の第一回を観てしまい(そんなにマニアだったんかい、お前ら!?)、1人おいてけぼりなのが淋しくて(ネタばらしされる怖れ大だし)、レディース・デーを待ちに待って、行ってきましたとも。
とまれ、期待は裏切らぬ面白さ。充分、合格点以上です。

テンポのよさは、ホントに絶品。
物語の性質上、ある意味前作「有頂天ホテル」以上と言えるかもしれない。それほど映画好きとも思えぬ我が家の家族どもが初日に行くくらいだから、監督自ら全力でパブリかけただけのことはあり、実際大ヒットしてるらしいので、今更私ごときが褒めそやさなくてもいいのだろうが、まあ、こういう映画に人が入って、どんどん次が作られてくれたら、映画ファンとしては嬉しい限りなので。
脚本は完璧。役者もいいとなれば、まあヒットしないわけがないんだが。
佐藤浩市も妻夫木くんも最高でした。二人とも、アップになったときドキッとするほどいい表情をみせる。こういうタイプの役者さんこそが、映画俳優ってもんなのです。深津っちゃんも、可愛い悪女役が意外とハマって、こういう役もできるのか、と言うより、やっぱり芸達者な女優さんだなぁ、としみじみ思う。それにしても、西田敏行のボスはオイシ過ぎだけど・・・・
こうなると、●●村ばりにちゃちいセットも寧ろ、鈴木清順監督の「カポネ大いに泣く」なんかを髣髴させて、いっそ胸が熱くなるほど。テーマがテーマだけに、最後はやっぱり、ウルッときましたよ。

« 苦手な季節 | トップページ | 発表会、近づく »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163837/21631559

この記事へのトラックバック一覧です: 「俺に会いたきゃ、映画館に来な」:

« 苦手な季節 | トップページ | 発表会、近づく »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ