« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

フラメンコ劇と銀ぶら

フラメンコ劇と銀ぶら
フラメンコ劇と銀ぶら
昨夜未明近く、大変嬉しいお誘いをうけ、本日急遽、銀座へ。フラメンコ界の大御所・小島章司氏の、「ラ・セレスティーナ」というステージを観る。内容は、スペイン版ロミオとジュリエット。小島氏が演じるのはタイトル・ロールの老婆セレスティーナ。とにかく凄い存在感で、踊りも圧巻でした。音楽もよかったし、話も面白かったし、観られたのはホント、ラッキーだった。行ってよかったぁ。
そして、その帰り道。早くもクリスマス色に染まった夜の銀座。娘に見せるために撮ったホワイトプーさん、予想どおり気に入ってくれて、ママは嬉しい。(赤外線通信で、娘の携帯にあげた)

2009年11月29日 (日)

またまた、「とんでん」

またまた、「とんでん」
老母がランチをご馳走してくれました。大変ありがたいことですが、起き抜け、空腹を感じていないのに無理矢理詰め込む羽目になり、正直ちょっと、つらかった。家族とは、夕食をともにすることはできる。だが、昼食をともにするのは難しい。とても、難しい。家族と三食ともにするためには、生活時間を完全に彼らにあわせぬば。

2009年11月26日 (木)

2年ぶりのラム

美味しかったぁ。
いや、ジンギスカンじゃなくて、ラム肉自体はどっかで食べてたかもしれないが、ここで食べるほど美味しいラムは食べてない。丸二年ぶりに堪能しました。
鮭とイクラの親子丼も絶品。
ZIKO

ちなみに、立川にはもう一軒、美味しいラム肉を出すお店があるんだよね。何気にラム肉のレベル高し。

2009年11月23日 (月)

2011年大河ドラマは『江』

リンク: 2011年大河ドラマは『江』.

うぇッ。まさに、戦国と幕末の繰り返しパターン。 どっちももう、お腹いっぱいです。
「天地人」の最終回も、目覚ましい演出は見られなかったし。本能寺大爆発並のスゲエ演出期待したのに。せめて、洞窟のシーンで、謙信入道出せよ!!

たぶん、全然数字とれなかったと思うけど、果敢に、「太平記」とか、奥州藤原三代、とかとりあげてたころはまだ、大河も頑張ってる感じがしたんだけどなぁ。

その昔、平将門を主人公にすえた「風と雲と虹と」で、なんと、吉永小百合さまが輪姦死するというような大胆なドラマ作りは、最早望めないのだろうか、NHK。ショーケンが犬公方を演じた元禄ものも、鈴木保奈美と吉田栄作のエッチシーンがエロくてよかったなぁ。ああいう気骨ある大河が見たいなぁ。当たり障りのないいい子ちゃんキャラのドラマを1年間垂れ流されるのは、もううんざりです。

2009年11月17日 (火)

フォーエバーフレンズ

これか、中森明菜と安田成美のドラマ(「素顔のままで」だったかな?)のモトネタは。いや、果たしてどっちが先か、私にはわかりかねるが。そして、不確かな情報をたてに、以前パクリ疑惑を持たれたことのある私は、あんまりそのあたりを話題にしなくはないのだが。(どちらが先に発表されたか、という時間的問題は、実はあまり意味がなく、出版時期については、版元の事情もあることなので。ジャンルによって、読者への認識度や浸透率もあるし)
確か、ドラマでは、安田成美は出産と同時に死んじゃうので、娘は、育ての母の明菜を本当の母親と信じてるんじゃなかったか?それもまた遣る瀬ない話なので、モトネタのがまだ救われるな。

ともあれベッド・ミドラーは、未婚の母の映画(「ステラ」だっけ?)の泣かせ度があまりにも高過ぎて、以来、何見ても、彼女が出てるだけで泣いちゃうんだけどね。

2009年11月 8日 (日)

ブログがあったのね

Gnoodle_h1web_obi
女子ラーメン部
版元さんが潤うのはよいことなので、微力ながらも、宣伝させていただきます。
それに、私も娘も、ラーメン好きのはしくれ故、こうした本が1冊でも多く売れてくれたらよいと思いますし。(本音は、爆発的に売れて、儲かったぶんで、私の本を出してくれぇ〜〜〜!!)

※迷惑コメント、エロサイトからのトラバがあとを絶たないので、コメントもトラバも一切受けつけない設定にさせていただきました。ごめんなさい。メッセージは、公式サイトのメールボックスからお願いします。

2009年11月 4日 (水)

皇帝秘文

Photo
発売中・・・の筈です。
書店の店頭にては未だ確認できず。最近、新書サイズの本て、あんまり店頭に置かれないからなぁ。都心部の大きな書店にならあるかも・・・というのも、希望的観測か。
手っ取り早く入手するなら、
Amazon で。長大な物語の序章という感じですので、第一弾の売れ行き次第では、次回作が出版できるかもしれません。先ずは、ご一読ください。一言でいって、藤 水名子原点にたち返っての中国ロマン活劇です。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ