« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月24日 (木)

引き続き大掃除中

引き続き大掃除中
写真、手前は、台北の骨董品屋or北京のリューリー街(忘れた)で買った開運の銭亀。奥、右手はモンゴルの観光地で怪しいセールスマンから買ったまじないの石。左は、誰かのお土産の埴輪。不燃物の回収は昨日で終わっちゃったし、これくらいは邪魔にならないから、捨てずにとっておこう。

2009年12月16日 (水)

大掃除、開始!

大掃除、開始!
一念発起して、「樹海」と異名をとった我が仕事部屋を大掃除しようと決意。一度にやるのは無理なので、先月あたりから、少しずつ片付けはじめ、現在全体の十分の一くらい片付いた。この数年、手をつける気になれなかった最大の理由は、溜りにたまった不要品を捨てることができなかったからにほかならないが、娘や老母が、この部屋をゴミ置き場代わりに使いだすに及んで、遂に決心した。あれもこれも、昔の男が置いてったものとか、最早使えなくなったカメラ用のブロアブラシとか、全部捨てよう。但し、私の住んでる自治体では、ゴミが有料化されてるので、一度にどっと捨てるのは宜しくない。少しずつ、注意深く分別して捨てなければならない。

そんなさ中、お宝発見。学生の頃仲のよかった友達が一生懸命探して、誕生日にプレゼントしてくれたもの。こういう宝物は絶対捨てない。レット・バトラーはいまでも好きだが、あの頃の友人たちとは、年賀状のやりとりしかしなくなっちゃった。その年賀状すら、今年は出せないかも。
それにしても、果たして私は、レット・バトラーが好きなのか、クラーク・ゲーブルが好きなのか。いまだによくわからない。

2009年12月 9日 (水)

著作100冊!!

著作100冊!!
朝松健さんの、著作100冊刊行記念パーティーに行ってきました。氏のお人柄故か、心温まる、とてもよいパーティーでした。お久しぶりの方々とも、お会いできたし。

それにしても、100冊って、すごい。単純に、デビュー年だけでいえば、朝松さんは私の5年先輩だが、じゃああと5年したら、私の著作も100冊に達するかというと、絶対無理だろう。今年は、上下巻も含めて三冊刊行できたけど、来年の予定は真っ白。第一、あと5年、書き続けていられるかどうか。パーティーは楽しかったけれど、一夜明ければ、依然として不安の募る年の瀬なのだった。

2009年12月 7日 (月)

12月!

ニュースから聞こえた、「クリスマスまであと二週間あまり」という言葉に仰天した。しまった。貴重な12月の第一週を、ぼんやり過ごしてしまった。年の瀬に於けるときの流れは、通常の十倍。うっかりすると、気がついたら、年が明けていた、ということになりかねない。しっかりしよう。

今更ながらだが(もう10年も経っているので)、住所表記変更の念押しもかねて、今年こそは、去年もらった人全員に賀状出さなきゃと思っていたが、依然として続く財政難のため、無理かもしれない。どう頑張っても、せいぜい100枚が限度。それも、美容院でのカラーとカットを一回抜いて、なんとか、といった有様。我ながら情けない。とりあえず、このブログ見てくれてる方と、日頃メールのやりとりがある方々には、ネット経由のご挨拶でご容赦願うかもしれません。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ