« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月26日 (金)

もう、いない

タローが死んで、そろそろ三週間ほど。十年以上も一緒に暮らしてきた犬がいないというのは、こういうものなのか、としみじみ思う。寂しい、と言えば、勿論寂しいのだが、それとともに、なにか物足りないというか、家の中が静かすぎるというか……。こればかりは、家族の中でも家にいる時間が一番長い私にしかわからない感覚かもしれない。インターホンが鳴れば、一緒に飛び起き、ドアの前に待機してくれたり、それが嬉しい相手(よく家に来るお客さんとか、顔馴染みの配達員さんとか)だと、私より先に飛び出して迎えてくれたり。ダスキンのお姉さんも青汁のおじさんも、ヤマト運輸の配達員さんも、我が家に犬がいたことなど、既に忘れているだろう。かつてタローの無駄吠えに迷惑を被った隣近所の人たちだって、忘れている。この数年のタローは本当に静かな犬だった。そういえば、娘がまだ小さかった頃、一人で留守番するにあたって、「タローがいるから大丈夫」だと言っていた。「泥棒が来たら、タローが吠えてくれるから」と。確かに、当時のタローは、声だけ聞けば、そのちっちゃな体に似ず、ドーベルマンかと思うほど迫力ある声で吠えた。玄関のドアの前に人が立つと、誰であろうと、とにかく吠える。娘にはそれが、頼もしかったのだろう。

だが、インターホンが鳴っても誰かがうちの前に立っても、いまはもう、タローはいない。やかましいセールスマンを追っ払ってくれた犬はもういないのだ、ということを、日々思い知らされる。

2010年2月20日 (土)

季節はめぐる

季節はめぐる
タローの喪中だし、面倒くさいので、今年は飾るのやめようかとも思ったが、十一年間欠かさずやってきたことを突然やめるというのは、やはりよくない。今年で十二年目、さすがに少し色褪せてきたかな。でも、今年は出さないよ、と宣言したあとのサプライズ雛出しだったので、娘は喜んでくれたようだ。大事に飾り続ければ、いつか娘がお嫁にいくときに持たせてやれるかな、なんてね。

2010年2月10日 (水)

タロー逝く

タロー逝く
三日前、タローが死んだ。

サイトの開設当時から私の日記を読んでくださってた方々は覚えておいでだろうか。甘いもの(とりわけ鯛焼き)が大好きで、ストーブ大好きの寒がり老犬タローが、遂に、永い眠りについた。晩年は、ご飯と散歩のとき以外寝てばかりの静かな犬だったが、いないとなると、やはり淋しい。享年、13歳11ヶ月。

娘が生まれたばかりの頃、はじめて見る嬰児という生き物に驚き、泣き出すたびにあたふたしていたことが、懐かしく思い出される。

2010年2月 2日 (火)

業務連絡

再三お知らせしてきましたが、ネット接続用のMacが、いよいよヤバくなってきました。先週くらいまでは、どうにか1日一回はつなげてたのが、最早マシンをたちあげることすら難しくなってます。とにかく、できるだけ長く電源入れないでおくのがいいみたいなので、仕事メールが入る可能性の少ない土日は、一切つながないことにしました。平日も、様子みながらの不安定な接続環境に変わりありませんので、仕事メールは勿論、急を要するメールについては、携帯のほうにお願いします。携帯のメアドをご存知ない方は、公式サイトのトップのメールフォームから送信していただけると、携帯にて受信することが可能です。お手数おかけすることになりますが、何卒よろしくお願いいたします。m(__)m

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ