« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月22日 (水)

タローより長生き?

マンション入居時に新品で購入した洗濯機が、とうとう壊れちゃった。やはり同時期に購入したテレビは一昨年ご臨終。同じように毎日使うといっても、実際の使用時間は全然違うから、まあ当然といえば当然か。
ちなみに、このマンションに越して16年。タローは十四歳の誕生日を待たずに死んじゃったが、当時一緒に入居してまだ健在なものって、あとどれくらいあるんだろう。考えると、淋しい限りだ。あのころは、いまよりはいくらかお金があったので、結構どんぶり勘定で買い物をした。ケチケチせずに、できるだけよいものを選んだ。おかげで、我が家の電化製品たちは、平均寿命よりはいくらか長生きしたはずだ。
それに比べたら、タローは些か命短かったかな。老母には、可能な限り長生きしてもらいたい。あらゆる意味で、いまや我が家の大黒柱なので。

2010年9月16日 (木)

本日発売

本日発売
いや、正確には昨日かな。
今回の「黒い報告書」は、はじめて地方出張をして書きました。どういかされてるかは、読んでみてのお楽しみ。いますぐ、コンビニへ!!

2010年9月15日 (水)

見本が届きました

見本が届きました
奥付の日付は9月17日になってますが、いつから店頭に並ぶのか、もう並んでるのか、私にはわかりません。確実に入手するなら、Amazonで。

王欣太さんの絵は、相変わらず素敵です。カバーだけではなく、各話(ミステリー仕立の短編五話を書き下ろしました)の扉にも、各世代ごとの曹操をいただきました。

2010年9月12日 (日)

悲しき昼下がり

悲しき昼下がり
暑さがぶり返してランチ作る気力も尽きたし、例によって老母を丸め込み…もとい、お願いして、幸楽苑へ行く。海老ワンタンメンが無性に食べたくなったのに、なんと、メニューから消えていた。普通の肉ワンタンメンに変わっている。メニューを滅多に変えないはずのチェーン店が、この仕打ち?仕方ないので、期間限定メニューの「台湾風辛子ラーメン」を食べた。これはこれで美味しかったが、既に海老ワンタン口になっていた身には、些か悲しい。それに、定番メニューからはずされてしまったということは、もう二度と、あの美味しい海老ワンタンメンは食べられない、ということだ。ガッカリ。〓
しかし、咄嗟に辛いものが食べたくなるのも、まだまだ暑い証拠なのだった。

2010年9月 9日 (木)

夏のランチ秋のランチ

夏のランチ秋のランチ
夏のランチ秋のランチ
今日は台風の影響か、およそ二ヶ月近くぶりに冷房のいらない涼しい1日だった。そこで、ランチは久々に、熱々の海老グラタンに。勿論、まかないの海老は3かけまでだが、十分に美味しい。涼しくなれば、また3日に一度は食べるだろう。200グラム98円のマカロニを三度に分けて食べるので、自家製ホワイトソースの手間暇を考えても、ギリギリ50円でおさまっているはず。
ちなみに、夏のあいた3日に一度の割りで食べていたランチが、自家製ジャージャー麺。麺は、うどんでも焼きそば麺でも、基本どおりに中華麺でも、なんでもOK。隣では、専らうどんが安売りされるため、圧倒的にうどんが多かったが、理想をいえば、細うどんが最良。ソースのからまり具合が、一番宜しかった。

2010年9月 6日 (月)

フラメンコ教室の発表会

新宿エルフラメンコにて、教室としては四回目になる発表会。フラメンコのライブ自体かなり久しぶりだったので(なんと、去年11月のラ・セレスティーナ以来だ!)、すごく楽しみにして見に行ったのだが、驚いた。みんな、かなりレベルアップしていて、難しいヌメロも楽々踊りこなしている(ように見えた)。ずっと習っている人たちは勿論、習いはじめてまだ2〜3年の生徒さんも、ひとつひとつの振りがきまっていて、カッコいい。ひと夏の精進の賜物とは思うが、みんな、センスがいいんだなぁ。第一回のエルフラ発表会は2006年、私にとっては習いはじめて二年目の冬だったが、少なくともあの頃の私は、今日のみんなほど上手ではなかったよ。
ともあれ、ステージ後の打ち上げで飲む酒はさぞかし美味であったろうと、そればかりがひたすら羨ましかったのだった。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

近著

  • 三国志外伝貂蝉記ー翡翠の翼・上
    まだ書店で手に入りそうな著作です。

リンク

フラメンコ

  • さくら祭り2009
    これまでに経験したステージ・イベントの記録です。
無料ブログはココログ